rootwallaの隙あらば統率者語り

Magic the Gatheringについて話すルートワラです。本ブログは非営利です。一切の収入を得ていません。

統率者をここから始めよう!初心者の方おすすめ! カルドハイム 「統率者デッキ:幻影の前兆」を1万円(ちょっと)で改造してみた!

こんにちは!ルートワラです。

 

先日公開した「エルフの帝国」を1万円で改造してみよう!の記事をたくさんの方々に見ていただけたようで、ありがたいことに初めてのコメントまでいただきました!本当にありがとうございます。励みになります!

 

更新が遅れてしまいましたが、今回はカルドハイムで発売されたもう一つの統率者デッキ「幻影の前兆」も1万円(ちょっと)で改造してみたいと思います!

 

青と白というコントロール(相手のやりたいことを阻害して、強力な勝ち手段で勝つ、長期戦を見越した戦術のこと)が得意な色です。

 

ですがこのデッキはちょっと普通の青白とは毛色が違うようです!

一般的にブリンクと呼ばれるギミックを使って、統率者である「恒久守護のラナール」からトークンを生み出しまくろうというデッキです。

(ブリンクとは戦場のパーマネントを一度追放し、また戦場に戻すこと)

 

 

☆コンセプト☆

今回はこの基本コンセプトを崩さず、ラナールの能力でスピリットを大量展開して勝つデッキを組んでみようと思います!

ターンの初めに預顕するコストが0になってしまう能力はカルドハイムで登場した新ギミックをふんだんに取り入れたくなりますね!

優秀な預顕をもつカードは基本的に残しつつ、お安く強化できるものを探していこうと思います!

 

 

☆入れ替え候補☆(抜いたカード)

今回採用を見送ったカードはこちら

・太陽のタイタン

・謎めいた洞窟

・曲がりくねる川

・戦角笛の一吹き

・鉄の評決

・ニコ、運命に抗う

・つややかな牡鹿

・雷鳴のワイヴァ―ン

・雲先案内人

海門の神官

・霧鴉

・塵への帰結

・コーの地図作り

・雲山羊のレインジャー

・払拭の光

・天来のスフィンクス

オパールの宮殿

・隕石ゴーレム

・黄金夜の指揮官

・つむじ風のならず者

・決断の天使

・豚の呪い

・ドラゴンの日

・セルトランドの精霊術師

・乳白色のダイアモンド

・空色のダイアモンド

・浄化の輝き

・ヘリオッドの福音者

・前兆の壁

・天穹の鷲

・速足のブーツ

・複製する指輪

計32枚

☆採用したカード☆

・神秘の反射(600円)

・栄光の守護者(50円)

・星海の軍馬(50円)

・正義の戦乙女(500円)

・無形の美徳(20円)

・糾弾の天使(50円)

・神聖な訪問(700円)

・身分泥棒(50円)

・星海の番人(30円)

・空を放浪するもの、ヨ―リオン(300円)

・真実の確信(80円)

・命運の掌握(700円)

・ドゥームスカール(800円)

・アールンドの天啓(1000円)

・モックス・タンタライト(600円)

・美徳の力(100円)

・弱者の師(80円)

・アクローマの意志(180円)

・質素な命令(80円)

・明日の確約(50円)

・アンフィンの反逆者(50円)

・剣を鍬に(400円)

・魅力的な王子(400円)

・狙い澄ましの航海士(640円)

・深海住まいのタッサ(800円)

・妖術師の衣装部屋(150円)

・殉教者の理由(100円)

・儚い存在(50円)

・守護フェリダー(150円)

・薄青幕の侍(200円)

・氷河の城砦(500円)

・アダーカー荒原(700円)

 

合計カード32枚/計10060円!

 

☆採用理由など☆

今回はとにかくブリンクできるカードを大量に投入し、ラナールで盤面制圧を目指します!

ヨ―リオンは相棒として使わなければデッキを増やす必要がないのでOK!

 

とにかく追放領域を出たり入ったりしながら、出たとき能力などを使いまわすようにします。

 

 

今回は純粋に出入りを繰り返しながら、大量展開を目指しますが

 

クローン系のカード(何かのコピーとして戦場に出れるカード)と組み合わせると、その場に応じて相手の強力なカードに成りすまして勝利を目指すこともできます!

 

もし、上記のリストではなく、クローン系のカードを投入したいのであれば、採用候補のカードの「神聖な訪問」「弱者の師」あたりのトークン戦術を主にしたものの代わりに入れてみてください。

それだけで、トークン大量展開デッキから、コピーになって相手のカードで勝つデッキに早変わり!

 

もちろんラナールの最初の預顕をコスト0にする能力もフル活用するため、強力な預顕呪文を入れています。

全体除去は自分のクリーチャーも除去してしまうのでは・・・?と思われるかもしれません。ですがこちらには「ブリンク」があります。除去のタイミングだけ追放領域に逃がしてしまえばよいのです。

 

トークンは残念ながら追放すると消えてしまいますが、ラナールがいれば再展開は容易です。

 

個人的に好きなのは「神聖な訪問」

ラナールから出るトークンが4/4警戒飛行のトークンになります!

「シュタルンハイムの解放」も入れたかったのですがやはり1万円構築はむずかしい…

余裕があればぜひいれてみて欲しい1枚です!

 

 

今後このデッキを改造する余地としては、トークン大量生成機を投入したりするのもOK!あとは、全体除去から自軍を守る「テフェリーの防御」などもgood!

 

また、ラナールは預顕に注目されがちですが、「待機」というメカニズムも手札から呪文を追放するので、トークンをだすことができます!

 

まだまだ改造の余地あり!なデッキなので、ぜひ自分ならではの「幻影の前兆」デッキを作ってみてください!

 

以上になります!

 

 

☆本日の1枚☆

待機を持ったBlack Lotus!!0マナで追放すればラナールでトークンも出せますね!

新セット「時のらせん:リマスター」のボックス購入特典?にもなり話題です!

 

「ストリクスヘイブン:魔法学院」の発表もあり、新カードの情報に胸が高まります!

EDH的に使えるカードを今後も紹介していきますので、ぜひお楽しみに!

 

 

統率者をここから始めよう!初心者の方おすすめ! カルドハイム 「統率者デッキ:エルフの帝国」を1万円(ちょっと)で改造してみた!

こんにちは!先日緑と赤の統率者的おすすめカードを紹介するとか言ってましたが,忙しさにかまけて何にも更新してませんでした!そんなうちにカルドハイムが発売!ん~!もうみなさん強いカードとか分かっていらっしゃるんでしょう?(そういうことにしておきましょう!)

 

 

というわけで、赤・緑のおすすめカードの紹介はいつか気が向いたら…

今回はカルドハイムの統率者デッキ「エルフの帝国」を1万円ぐらいで改造してみましたので、その紹介をしたいと思います!

「エルフの帝国」の画像検索結果

 

100$commanderは1万円程度で、統率者のデッキを構築するというもの。海外で人気の遊び方みたいですね!程よいカジュアル感を楽しめるようです!

統率者はかけようと思えばいくらでもお金を1つのデッキにかけれてしまうのですが…

強力なデッキ同士でガチガチの戦いはしたくない…みんなでワイワイ楽しみたいな!という方にお勧めの遊び方です!初心者の方もここからマジックを始めてみてはいかがでしょうか!

 

この構築済みデッキをベースに合計1万円程度になるようによさそうなカードを追加してみました!併せて抜いたカードも紹介しているので、参考にしてみてください!

 

 

☆コンセプト☆

今回は「エルフの刃、ラスリル」を統率者とした、横並べ、トークン大量展開を目的としたデッキ。ラスリルの能力や盤面の圧で押していくデッキとなります。

《エルフの刃、ラスリル/Lathril, Blade of the Elves》[KHC] 金R

 

 

☆入れ替え候補(抜いたカード)☆

今回デッキを作成するにあたって、上位互換に代わりそうなカードやこれはいらないかな?と思ったカードを以下にリストアップしました。何枚かについては理由もお話します!

・終末の祟りの先陣

・収穫期

・仮面の称賛者

・放浪者、ライズ

・双刃の暗殺者

・スケムファーの王、ヘラルド

・森の伝書使

・ジョラーガの酋長、ヌーマ

・ウッドエルフ

・虚無魔導士の番人

・ラノワールの部族

・エルフの再生者

・森林守りのエルフ

・ワイアウッドの媒介者

・杯に毒

・野望の代償

・眼腐りの虐殺

・リス・アラナの傷刃

・眼腐りの剪定者

・スケムファーの影賢者

・ターグリッドの影

・ヤスペラの歩哨

・ラノワールの異形

・完全者の誇り

・ジャングルのうろ穴

・穢れた果樹園

・ゴルガリのギルド門

・ゴルガリの腐敗農場

・スケムファーの古の間

・森×2

・沼×2

計32枚

 

「終末の祟りの先陣」は疑似「孔蹄のビヒモス」として使えるため最後まで悩みました・・・

ですが!なによりこいつは「エルフ」じゃない!「イノシシ!」であるッ!

代わりにイケメンエルフを用意しました。

 

スケムファーの影賢者も攻めにも守りにも使える高タフネスクリーチャーなので悩みました・・・場合によっては、スタメン復帰もありえるカードです!

 

 

☆代わりに入れるカード☆

上記32枚の代わりに入れたカードを値段も一緒に紹介いたします!

 

選んだカードの基準は「統率者でワイワイできそうなもの」「ある程度供給量が多く手に入れやすいもの」「実用性もあるもの」です!「え?それよりこっちのがよくない?」はなしで…あくまでカジュアル構築ですので…!

 

基本晴れる屋さん通販サイトの最安値価格で記述します。

 

・幸運を祈るもの(100円)

・褒賞の呪い(150円)

・内にいる獣(120円)

・悪戦+苦闘(100円)

・邪悪な選督使、ベルベイ(50円)

・樹根織りのドルイド(50円)

・ダスキネルの工作員、ネイディア(30円)

・ラノワールのエルフ(80円)

・フィンドホーンのエルフ(100円)

・清廉潔白な判事(50円)

・ティタニアの僧侶(500円)

・稲妻のすね当て(150円)

・四肢切断(700円)

・エルフの戦慄王(50円)

・自然の伝令、イェヴァ(50円)

・背教の主導者、エズーリ(500円)

・調和(10円)

・下生えの競技場(600円)

・草むした墓(1000円)

・ワイアウッドの番小屋(300円)

・巨森、オラン=リーフ(150円)

・ラノワールの荒原(300円)

・ガイアの伝令(80円)

・エルフのチャンピオン(300円)

・金属ミミック(900円)

・エメラルドの大メダル(500円)

・無垢への回帰(800円)

・ラノワールの憤激、フレイアリーズ(400円)

・タイヴァ―・ケル(400円)

・闇孔の小道/蛇孔の小道(600円)

・エルフの戦練者(200円)

・勝者の戦旗(520円)

計32枚

 

値段合計は「9840円」です!

構築済みデッキと合わせて12040円(税込み)ですね。2000円もオーバーしちゃいましたね・・・ぴったり10000円で抑えたい方は、「闇孔の小道」「草むした墓」「下生えの競技場」辺りを「森×2」「沼×1」に変えてもおっけーです!

 

何枚か採用した理由をお話しします。

 

先ほどお話しした「終末の祟りの神の先陣」の代わりに入れているのが「エルフの戦練者」「背教の主導者、エズーリ」です。

エズーリは破壊から守ってくれますし、戦練者は各ターン1回のみですが、エルフにトークンがついてきます!(ちなみに統率者は各対戦相手分のターンもあるので、「自然の伝令、イェヴァ」やクリーチャーの能力で相手ターン中にエルフを出せれば、自分のターンも含め4回誘発します。)

 

それぞれトランプル(ブロックされてもオーバーしたダメージが貫通する能力)と接死(ダメージを1でも受けたクリーチャーは破壊される能力)を持つので、状況によって使い分けたいところ。

 

土地基盤もしっかりしたいので、2色アンタップで場に出る土地を優先して採用。

色拘束がきついカードも多いため、なるべく2色出せる土地があると良いですね!

 

部族シナジーもしっかりと

「勝者の戦旗」は部族デッキならほぼ「グレートヘンジ」です。

なんなら打ち消されてもドローはできるので場合によってはグレートヘンジより強いです(嘘)

こちらは高額カードなので、今回は見送り…ですが、展開しながらドローもできるし、強化もできる「ジェネリックグレートヘンジ」こと「勝者の戦旗」は注目です。

他にも「祖先の象徴」や「旗印」なども採用候補ですね!「旗印」(写真1枚目)は仲間が多いほど強くなるので、エルフデッキにピッタリ!

「タイヴァー・ケル」は全エルフを黒マナ製造機にできてしまうカード。

ー6能力で得られる紋章は、エルフデッキならそのまま無双してしまえるでしょう!

 

 

☆おわりに☆

目指せ100$(約1万円)コマンダーということで構築の紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

もっと強くしたい!というのであれば、エルフは人気部族の一つですので、ほかにもいろいろなパーツがあり、いずれも強力です。ご自分で気に入ったカードを探して投入してみてください!

逆にもっと安価に抑えたい!というのであっても、自分なりにカードを探してみれば十分楽しめるものになるはずです。

 

構築済みデッキはそのままでも十分遊べる内容ですが、ぜひ自分ならではのオリジナルデッキを作ってみてくださいね!

 

 

 

☆今日の1枚☆

「倍増の季節」

出てくるエルフも乗る+1/+1カウンターも2倍!プレインズウォーカーも忠誠度2倍で即奥義!

カルドハイムの新ヴォリンクレックスが似た能力を持っていますね。

 

トークンデッキにはぜひ採用したい1枚!多少値段が張りますが、使った時の効果はバツグン!本記事で紹介したデッキを強化する際はぜひご検討を!

 

 

 

 

今回は「黒編」! MTG新セット「カルドハイム」 統率者的目線で見たおすすめカード!

今回はカルドハイムの統率者的注目カード「黒編」

 

このカードでデッキを組みたい…!と思っている個人的に胸アツなカードがそろっているので気合い入れて紹介していきます!

 

それではレッツゴー!

 

 

No.1 「恐怖の神、ターグリッド」「ターグリッドのランタン」

恐怖の神、ターグリッドターグリッドのランタン

墓所の裏切り」が超絶強化されて帰ってきた!いいんですか!これ強すぎませんか!?

 

もうすでにこのカードで統率者のデッキを作りたいと思っております、個人的には一目ぼれしたカード!

 

まず、5マナ4/5というパワータフネスが及第点。それに威迫(威迫を持つクリーチャーをブロックするには2体以上のクリーチャーでブロックしなければならない!)もついていることで攻撃性能もgood!

 

それに相手が生贄に捧げたり捨てたパーマネントがこちらのものになってしまう極悪能力付き!生贄にさせたり、手札を捨てさせたりするカードと組み合わせたりするととんでもないことになりそう!

 

この辺のコンボは自分の盤面が切れることも多く微妙でしたが・・・

ターグリッドがいれば相手の盤面が尽きるまで、生贄に捧げさせることができます!

2枚が戦場にある状態で、予見者で自分のクリーチャーを1体生贄に!エレボスの指図で相手のクリーチャーを生贄にさせます。

ターグリッドの効果で相手の死んだクリーチャーがこちらの場に出てきます!

相手のクリーチャーを生贄に捧げて、相手のクリーチャーが死んでまた自分の場に…

破壊不能も関係なく盤面を破壊することができる上、占術しまくりでドローも良質に!

 

統率者戦なら、各対戦相手からクリーチャーをパクれるので盤面有利確実です!

 

さらに凶悪なのは、このカード!

各プレイヤーが捨てるため、対戦相手全員の手札のパーマネントをいただけちゃいます。ゾンビトークンはプレゼントだっ…

このカード50円です。1億枚買いましょう。

 

 

他にも単純に「思考囲い」などのカードと使っても強いですし、「ヴェールのリリアナ」「死者を目覚めさせるもの、リリアナ」などで捨てさせたカードを使っても強い!

 

コンボを上げ出したらキリがないですが、ターグリッド本当に強いと思います!「伝承の収集者、タミヨウ」には気を付けて・・・

 

 

No.2 「雪上の血痕」

雪上の血痕

6マナの全体除去ならありきたりかなあと思いますが、なんと氷雪マナで6マナ支払えば自分の墓地からクリーチャーかプレインズウォーカーを戦場に戻せてしまいます。

しかも戦場に戻すに際して、対象に取るタイミングがないため、狙った墓地追放を受けないそうです・・・

 

みなさんなら何を戻しますか...?

 

 

No.3 「血空の主君、ヴェラゴス

血空の主君、ヴェラゴス

攻撃してしまえば、なんちゃって「悪魔の教示者」!手札には入りませんが、黒らしい教示者能力が普通に優秀です。

「接死」(ダメージを与えられたクリーチャーは問答無用で破壊される)を持っているので、攻撃しやすいのもgood!

 

統率者として使う未来は見えませんが、黒ならデッキに入れても損が無いと思います!

カジュアルレベルでちょうどいい強さ!これは使いたい・・・!

 

黒はデッキからカードをサーチするカードが強いのが特徴!統率者は1枚ずつしかデッキにカードを入れられないので、サーチ系カードは強力!

ヴェラゴスくんもいい味出してくれそうです!

 

 

No.4 「マーンの戦慄の隆盛」

マーンの戦慄の隆盛

先ほどのターグリッド生贄コンボの後に使うと大変なことになるカード。

全体除去に合わせて使えば、相手に大損こかせることができるカード!予顕しておくことで、黒1マナで唱えられる点も優秀!

 

 

ゾンビシナジーが生きるデッキに入れるとさらに強い!

ゾンビの群れで盤面を圧殺しましょう!

 

 

No.6 「燃えルーンの悪魔」

ルーン♪

燃えルーンの悪魔

可愛い名前の悪魔。

デッキから指定のカードを2枚も探すけれど、手札に加えていいのは対戦相手が選びます!片方は墓地へ・・・

でもご心配なく!黒は墓地回収の手段も多く備えているので(特にクリーチャー)墓地に落ちたカードも結局回収できてしまうことがあります。

対戦相手とのやり取りを楽しめる良いデーモンです!どちらを手札に入れさせて、どちらを墓地に置くか・・・

「このカードであなたのためにあれ除去しまっせ・・・!」「んじゃそれ手札に入れちゃって!」なーんで謀略をめぐらすこともできましょう・・・!

 

盤面をみて、選ぶ対戦相手を慎重に見極めましょう!

 

NO.7 「憑依の航海」

憑依の航海

部族デッキにはたまらない!予顕すると選んだクリーチャーをすべて戦場に戻すことができます!

 

「始祖ドラゴンの末裔」で墓地に落としまくったドラゴンたちを一気に釣り上げてしまえれば宇宙!

ヴァルカスの災い魔なども組み合わせると大変なことになりそう…

「末永く」という似たカードが存在しますが、単純にその2枚目として使うのも強いですし、なんといっても予顕が魅力的!

黒が入る部族デッキなら確実に投入したい1枚!決まったら絶対気持ちいい!これだから黒はやめらんねえ!

 

 

☆番外編「コモンアンコモンも見逃せない!」☆

大蛇の餌血空の狂戦士

杯に毒

統率者戦ではあまり単体除去にスポットライトが当たらないのですが、「大蛇の餌」はかつての強力カード「ヴラスカの侮辱」から2点回復を抜いただけなのに・・・コモンになっちゃった・・・

 

「血空の狂戦士」はどんどん大きく成長していく上に、威迫も得てしまう・・・!統率者戦でもどこか居場所があるかも?

 

「杯に毒」は3マナの確定除去インスタント。すでに及第点ですが、予顕していれば占術(山札上を山札下においてもよい能力)が2回も行える!除去した先のドローも良質にしてくれる優秀な除去!

 

 

一線級ではないかもしれませんが、十分戦えるスペックを持ち合わせたおすすめの3枚だと思います!

 

 

今回は以上です!

 

 

☆今日の1枚☆

「夢貪り」

夢貪り

今回紹介するか迷った1枚・・・

自分には使い道がわからずだったので、これをみた皆様使い方を教えてください・・・

 

自分の手札のカードを何でもかんでも予顕できてしまう!しかも唱えるときはコストが本来のコストより2減る!

あいての手札破壊をもろともせずにプレイできるのは強い!

TimeTwister系のカードと組み合わせる場合、手札をまずは予顕してしまって、その後に使うと、実質手札が増えていることに・・・!

 

くらいかなあ・・・!でも夢があるカードだと思います!使い方次第で大化けすること間違いなし・・・!

 

 

 

 

カルドハイム 統率者的おすすめカード 青編

こんにちは!

今回はMTG新セットカルドハイムの統率者的目線から見た、おすすめカード「青編」をご紹介したいと思います!

 

それでは早速レッツゴー!

 

No.1 「アールンドの天啓」

アールンドの天啓

強いかどうかはさておき、統率者戦では追加ターン呪文というだけで居場所がありそうです。

「悟った達人、ナーセット」のようにデッキから追加ターン呪文を連打してそのまま勝つようなデッキには間違いなく入れてよさそうですし

事前に予顕しておけばもう1ターン殴りたいけど、追加ターン呪文を引けなかった!ということにならずに済みます!

追加ターン呪文は序盤に引いてしまうと残念な感じになりますが、予顕で事前に置いておけるならいざというときの保険になります!

 

 

No.2 「星海の神、アールンド」/「囁く鴉、ハーカ」

星界の神、アールンド囁く鴉、ハーカ

今回の新メカニズム「予顕」ともシナジーを持つ神。

手札上限をなくしてしまえば恐ろしいパワーで殴り勝つこともできてしまいます。

下の能力はデッキのカードタイプをそろえても良いですが、おまけ程度のアドバンテージ稼ぎに考えておくとよさそうです。

(寄せるとしてらインスタント・ソーサリーに寄せるとよさそう?)

 

海門修復」「聖遺の塔」などで手札上限を取り払い高火力で殴ってもよし

ドローを基軸とするなら「船殻破り」+「永劫のこだま」や「意外な授かりもの」などのドローロックコンボ(かなり競技統率者向けですが・・・!)

 

青単色統率者としては、かなり自由度の高い構築ができそうです!

(裏面で唱えることはほぼなさそうですが・・・)

 

 

No.3 「竜巻の召喚士」

竜巻の召喚士

巨人かウィザードの部族シナジーで使いたい1枚。

これと使えば安定して相手の盤面をリセットできそうですし、巨人がフィーチャーされているカルドハイムではほかの色と組み合わせても、強力な場面がありそうですね!

 

 

No.4 「神秘の反射」

神秘の反射

カルドハイムでやばいことしそうなカードTop3に入る「神秘の反射」くん

トークン大量生産系カードと一緒に使いたいですね!

使い方は無限大・・・

工作員を大量展開し、相手の盤面をそのままいただく・・・

エンド時の大量ドローでデッキを引ききり、研究室の偏執狂で特殊勝利・・・

ちなみにこのカード、自分のクリーチャーだけではなく、相手のクリーチャーを対象にできてしまうのもやばそう・・・

アイディア次第でこの怪物性がどこまで発揮されるのか・・・注目の1枚です!

 

 

No.5 「リトヤラの反射」

リトヤラの反射

部族デッキ歓喜の1枚!使ってみたいデザインしてますねえ!

同じ5マナのエンチャントで競合しますが、選んだクリーチャータイプのクリーチャーが出るだけで2ドロー!

唱えたとき誘発は2回にならない点は注意です!できたらエルドラージを暴れさせたかった…(部族シナジーでエルドラージを指定するのは面白そうです!)

f:id:Rootwalla:20210125225704p:plain

 

 

No.6 「万物の姿、オルヴァ―ル」

万物の姿、オルヴァール

多相の戦士フィーチャー=部族シナジー強化!なのでこのカードも部族デッキに青が絡んでいたら問題なく投入されそうです。

※多相の戦士・・・多相をもつクリーチャーはすべてのクリーチャータイプを常に持ちます。戦場以外の領域にいても多相は適応されます。

 

何ならこのカードを統率者にして、「多相の戦士はドラゴンだし、猫だし、犬だし、カカシだし、ゾンビだし、エルドラージなんだ!だからこのデッキはエルフデッキ!」(??????????????????)って言ったって間違いないわけです。色が合うかは別として・・・

 

手札に戻す系の呪文を、自分のクリーチャーに打って相手の除去を一時的にかわすと、オルヴァ―ルの能力で、そのコピーがでてきて、実際には手札に戻っていないことになってしまう・・・!

他にもいろんな使い方ができそうで、構築欲が掻き立てられる1枚です!

 

 

 

番外編!こんなの絶対強いよ!なカード

「鴉変化」「多元宇宙の警告」「巨人の護符」

鴉変化多元宇宙の警告

巨人の護符

・鴉変化はクリーチャーかアーティファクトを確定除去してくれる青にしては珍しいカード。予顕が青1マナだけというのも意味不明です。相手の統率者やコンボパーツを確実にトリちゃんに変えてくれます。

 

・多元宇宙の警告は最高峰レベルの4マナインスタントドロー。過去に天才の片鱗という似たようなカードが使われましたが、予顕2マナのこんな上質なドローが弱いわけがない!これがコモンってなんじゃ。

 

・巨人の護符はつけたクリーチャーが全員オジュタイになります!

f:id:Rootwalla:20210125221928p:plain

オジュタイほどアドバンテージは取りませんが、狙われなくなるのが何より強い。それこそNo2で紹介したアールンド君につけてぶん殴りたい!相棒は水面院!攻撃後にクリーチャーが狙われたら、水面院でアンタップ!すると呪禁を得るので、相手の除去が無効化されます!

 

 

この3枚はレアリティは低いですが、かなり役に立つカードたちです!お安く構築したい私のような人にはありがたい子たち・・・

 

 

以上になります!

 

次回は待望(個人的にですが・・・)の黒!発売までには全色文+無色・多色・土地を書き終えたいです・・・

 

 

今日の1枚

f:id:Rootwalla:20210125221639p:plain

「悟った達人、ナーセット」

自分が統率者を始めたのはこの1枚からでした。この能力が豪快すぎて、使ってみたくなったのです!

クリーチャーでないカードならなんでもただで唱えられる・・・

こんなカードや

こんなカードを連打して

先制攻撃、呪禁という優秀な殴り性能で統率者ダメージ21点を狙います。

一度殴り出したらターンは返ってこないと言われるナーセット。突き詰めたら高いですが、一線級で戦えるデッキになります!

みなさんもぜひいかがでしょうか・・・!

 

 

 

MTG新セット「カルドハイム」 統率者的目線で見たおすすめカード!

みなさまご無沙汰しております!本日も統率者語りさせていただきます!

 

本日語っていくのはこちら!

ドラフト・ブースター

MTG新セット、「カルドハイム」です!

北欧神話がモチーフとなっている本セット。今作はその世界観からもファンが増えそうですね!収録されているカードも強く、発売が待ち遠しいセットとなっております!

 

先日公式からフルスポイラーが発表され、その全貌が明らかになりました。

統率者を紹介している本ブログでは、カルドハイムのカードたちを統率者的目線から見て、ルートワラが思ったことを書いていければと思います!

 

個人の感想なため、皆さんのご意見と相違があるかもしれません!なにとぞご了承ください!

 

 

一度にすべて話していくと大変なことになるため、色別に取り上げていきたいと思います!

 

これからカルドハイムのカードを使って統率者を始めたい!という方にもわかりやすく書いていきたいと思います!

 

今回は「白」のカードを取り上げていきますよ!

 

カルドハイム統率者おすすめカード「白編」

 

 

 

No.1「兵員の結集」

兵員の結集

MTGでは全体修正を与えるカードのことを「ロード(主にクリーチャー)」や「アンセム(主にアーティファクトやエンチャントなど)」と呼びます。

 

これは指定したクリーチャータイプのクリーチャーを強化することができちゃいます!

2マナというお手軽さからも、部族シナジーを中心としたデッキに採用されそうです!

横並べしたり、パワーを上げたりする戦術を得意とする、白・緑の組み合わせのデッキで輝きそうな予感!

 

全体除去には弱いです…対策はしっかりと!

 

 

 

No.2「ドゥームスカール」

ドゥームスカール

「予顕(よげん)」という新しいキーワード能力を持った全体除去!

通常、MTGで全体除去(すべてのクリーチャーなどを一気に破壊してしまうカード)は、コストが安くても4マナ。3マナのものもありましたが、次のターン土地が起きないというデメリット付きでした。

 

ところがどういうことか…

「予顕」・・・事前に2マナを払って裏向きに追放(ゲームから除外しておくこと)すると、3マナ払えばクリーチャーを一斉除去することができます・・・!

 

どんなに高速で盤面を展開されても、3ターン目にはまっさらにすることができる…安心感抜群な1枚です!

 

でもこのカードにはほかの使い方も…2マナで追放しておいて、相手にこのカードを警戒させるだけでも、相手の展開を抑え込むことができます。

対戦相手に「あれがドゥームスカールだったら…」という思いを抱かせるだけでも強力ではありませんか!

 

 

3マナという軽さも魅力です。通常全体除去を使うとマナコストの大きさからそのままターンをパス…ということも多いです。

ですが3マナなら、追加でマナアーティファクトを置いたり、インスタント呪文を構えたり(構えたふりをしたり・・・)することができます!

 

コントロール系のデッキや全体除去を得意とする白いデッキで活躍するかも?

「神の怒り」という強力な全体除去もあり、クリーチャーを高速展開することがそこまで多くない統率者戦においてどう使われるか・・・!

(スタンダードやパイオニアでは大活躍間違いないと思います!)

 

デメリットとしては「みえみえ」な全体除去なので、ブラフとして出しておくか、軽さを生かして打ち消し呪文を構えながら使うか・・・使い方ひとつで強さが分かれそう!

 

 

No.3「シュタルンハイムの駿馬」

シュタルンハイムの駿馬

????このコモン馬の何が強いのって?

統率者戦に於いてアーティファクトのコストを下げるカードは何かと悪用されます。

マナファクトを軽くするのはもちろんですが、装備品が軽くなったり、「上級建設官、スラム」などと組み合わせるとガシガシドローしながら、装備品やエンチャントをそろえられるかも?

置物(アーティファクトやエンチャント)を多用するデッキではいぶし銀なサポートカードになりそうな予感です!(ちなみにエンチャントクリーチャーやアーティファクトクリーチャーも軽くなる・・・)

 

No.4「シュタルンハイムの解放」

シュタルンハイムの解放

4マナで「飛行・警戒4/4」を出すだけでも良いし。予顕コストで追放しておいて、後半マナが余った時に大量の天使を爆発させても良いですね!

 

予顕コストは無限マナのはけ口にもなりそう!無限天使になんとかして速攻を付与して一斉突撃!

もしくは無限天使を自滅させ無限ダメージ…

無限にこだわらずとも、単純に天使を中心とした部族デッキに投入するのもナイス!

天使が絆魂(ダメージの分回復する能力)を持てば、大量にライフを獲得!

貯めたライフで「50点砲!」もロマンがあります…

正義の戦乙女

なんだか使い方がマイナーな気もしますが…白いデッキなら雑に投入して強い1枚です!

 

 

No.5「栄光の守護者」

栄光の守護者

瞬足(インスタントタイミングでも唱えることができるカード)を持っている天使。出たときに自分の天使以外のクリーチャーを「栄光の守護者」が戦場を離れるまで追放し続けます。

例えば先ほど紹介した全体除去系のカードが唱えられた際に、後からこのカードを使うと…

まずドゥームスカールが唱えられ、解決される前に栄光の守護者を唱えると、先に栄光の守護者が戦場に出ます!(スタックの解決順については後日…!)

f:id:Rootwalla:20210121220749p:plain➡➡➡f:id:Rootwalla:20210121225008p:plain

破壊される前に、栄光の守護者で自分のクリーチャーを追放すると、そのあとに栄光の守護者がドゥームスカールによって破壊され、自分のクリーチャーが戻ってくる!

 

破壊から逃がすことができる強力な天使です!「戦場に出たとき...」能力を持つクリーチャーと組み合わせるのも強そう!

この辺と使うとインチキできそう…

 

 

No.6「戦闘の神、ハルヴァール」「領界の剣」

戦闘の神、ハルヴァール領界の剣

統率者戦では第1面「クリーチャーの面」(このカードでは)が伝説のクリーチャーなら統率者として指定することができます。

 

統率者領域に置くことができる装備品…というよりはハルヴァールを装備品でガシガシ強化してぶん殴るのが単純に強そうです!w

 

2色剣をつけて攻撃したら自身の効果で二段攻撃になるので、誘発も2倍!除去耐性をつければ強力な殴り統率者になりそうですね!

f:id:Rootwalla:20201108012831p:plainf:id:Rootwalla:20201108012934p:plain

 

 

No.7「傑士の神、レーディン」「守護者の盾、ヴァルクミラ」

傑士の神、レーデイン守護者の盾、ヴァルクミラ

このカードも統率者に指定できますが、直接勝利に直結するカードではないので、ほかの勝ち手段を用意するか、強力な白いデッキに投入して妨害役にするのが強そうです!

 

 

おすすめは「太陽冠のヘリオッド」デッキ!

ヘリオッドバリスタという強力な勝ち手段を搭載したこのデッキ。レーディンは相手の「意志の力」「否定の力」などに対して無条件で2マナを要求することができますし、天敵である「活力の力」などのピッチスペル(代わりのコストを支払うことで無料で唱えることができるカード)への妨害にもなっています。

 

軽めで性能がいい白のクリーチャーを活用するデッキであることが多い「ヘリオッド」デッキにはぴったりな1枚なのではないでしょうか!氷雪土地タップインはあまり効果を実感する機会はなさそう・・・?

 

ちなみに裏面「ヴァルクミラ」は相手の「ヘリオッド×歩行バリスタ」コンボを完封することができるので、ミラー対策にもなるかも…?w

 

No.8「神に愛された者、シグリッド」

神に愛された者、シグリッド

殴り統率者は許さないマン。(ウーマン?)ですね!

相手の統率者が突撃してきたら追放してしまいましょう!逆に守りを固める統率者に対して、ブロックを誘う攻撃をして、そこに合わせるのもいいですね!

 

コンボで勝ってくるあまり攻撃してこない相手に対しては活躍しにくい1枚ですが、クリーチャーに対してほぼ無敵となる優秀な能力に加えて、疑似的な除去を搭載しているため白なら入れておいても損しない1枚ですね!

統率者にするよりは、デッキ内に入れるのがよいでしょう!

 

 

No.9「霊体の鋼」

霊体の鋼

オーラや装備品デッキにぜひ欲しい1枚!

強力な装備品やオーラは徹底的に狙われてしまうもの…

「埋没した廃墟」などの回収手段以外にオーラそのものが回収能力を持っているのが偉いです!コストもそこまで高くなく、強力なオーラや装備品を使いまわせるので使い勝手よさそう!

 

修正値も+2+2とまずまずなのがいいですね!

個人的にはなかなか注目している1枚です!

 

 

 

 

 

以上になります!

 

めぼしいレアは何かしらの活躍の道がありそうですね!カードパワーが高いセットだけあって、アンコモン、コモンにも構築級のカードがあるのがすごい!

 

他にもデッキによって活躍できるカードはたくさんありそうです!自分のお気に入りの統率者に合いそうなカードを見つけてみてください!

 

次回は統率者でも最強と言われる色「青」について語ります!

 

 

☆今日の1枚☆

f:id:Rootwalla:20210121232420p:plain

「歩行バリスタ

無色マナでどのデッキにも入る「最終兵器」

xマナが2倍かかるコストのため普通に運用するとx=2マナで払っても4マナかかってしまうクリーチャー。

 

しかし、その能力が化け物。戦場にはxマナ分の+1カウンターが乗って出てきます。そしてそのカウンターを取り除くとどこにでも1点のダメージを飛ばせるのです。実際に使うとその使い勝手の良さに驚くことでしょう。

 

そして無限マナを発生させるコンボが完成すれば、無限にカウンターが乗ったバリスタが登場!無限に弾丸を射出してゲームを決めることができます!

 

無限マナの使い先といえばこの1枚!勝ちを目指すデッキを作りたい方はぜひ持っておくと良いですよ!

 

統率者/EDHのデッキを組もう!ルートワラ的構築の仕方

大変ご無沙汰しております。ルートワラです!

年末年始は仕事も休むのも忙しく,なかなか更新する機会がございませんでした…

(という言い訳…)

 

これまではEDHについて統率者レジェンズ構築済みデッキについて話したり,EDHの魅力について,つたない文章ではありますがお話させていただきました。

 

今回は自分が最近作ったEDHのデッキが個人的にはとても満足のいくものになったので,ご紹介したいと思います!

ですが、ただ紹介させていただくだけではつまらない!と思ったので、構築するにあたって自分が気を付けたことやどのように構築したのかを併せてお話したいと思います。

 

EDHのデッキ構築の参考になれば幸いです!

 

☆今回紹介するのは「荒廃のドラゴン、スキジリクス」デッキ!(ガチ度8/10)☆

今回紹介させていただくのは、こちらを統率者に据えた黒単のデッキです!

f:id:Rootwalla:20201108005859p:plain

「荒廃のドラゴン、スキジリクス」です!黒単色のこのドラゴンは「感染」というキーワード能力を持っています。感染を持ったクリーチャーが相手プレイヤーにダメージを与えると、ダメージの代わりに「毒カウンター」の形でダメージを与える。というルール。このクリーチャーはパワーが4あるので、ダメージを与えると「毒カウンター」が4つ乗ります!

しかもこの毒カウンター!10個与えられたプレイヤーは「敗北」します。

EDHは40点のライフがありますが、ライフがどれだけあろうと、一瞬で毒殺することができるのです…

 

この毒殺戦術は当然ながら他のプレイヤーからのヘイト(狙われやすさ)はとても高いです。ですが,それをさばききった時の爽快感たるや!卓を毒いっぱいに染め上げることができると最高!

 

☆デッキコンセプト☆

このデッキは「最速でスキジリクスを戦場に出し、パワーを上げて一瞬で毒殺!」をコンセプトとしているため次の4点に注意して構築しました。

 

①「安定した土地基盤・優秀なマナ加速を詰め込む!」

きちんとマナが出るように土地の枚数は35枚にしています。内訳はこのようにしています。(☆の数は重要度!)

・沼×27枚

・魂の洞窟(以下各1枚)☆☆☆☆

・ボジューカの沼☆

・家路☆☆

・陰謀団の貴重品室☆☆☆

・水晶鉱脈☆☆

・陰謀団の要塞☆

・統率の灯台☆☆☆

です!

まずは、様々なマナ加速の手段を確実に使うことができるように、本来32枚くらいの土地にしたいところしっかりと34枚とっています。(多くのEDHのデッキは土地33~35枚とかが多い気がします。)

また、沼から追加で黒マナを出す「沸き立つ汚泥」を最大限活用したり,優秀なマナ加速に「悪魔の教示者」などで早めにアクセスすることを目的としています。

瞬発的にマナ加速を行い、2~3ターン目にスキジリクスを戦場にだしたいところ。

《沸き立つ汚泥/Bubbling Muck》[UDS] 黒Cf:id:Rootwalla:20201108022152p:plain

※陰謀団の貴重品室は何度も除去されたスキジリクスも唱え直すことができるようになる優秀な土地。(2マナとこの土地をタップすると、自分の「沼」の数だけマナが出せる!)

この辺のアーティファクトも中・後半に向けて活躍する優秀なカード!

 

②相手に好き放題させない!除去や妨害もできる!

まっすぐに毒殺を目指すことが第一目標のデッキではあるのですが、ほかにも厄介なパーマネントを戦場に並べて、除去の的をずらすことができるのも強み!手札破壊ができるのも黒の強みですよね!

1枚目の「汚染」は自分の特殊土地から黒マナを出す目的にはあまり使いません。使用目的は、相手のマナの色を拘束してしまうこと!汚染があるかぎり、あいては土地から黒マナ以外出すことができません。(マナアーティファクトやクリーチャーからは出せます!)ある程度相手の行動を拘束できるので、使いどころが大事なエンチャントです!

 

 

③「おまえはもう、〇んでいる」スキジリクスをパワーアップしてワンパン!

スキジリクスの攻撃が通った時にはほぼ勝ち確定です。デッキに大量に積まれているパンプアップ(攻撃力を上げること)呪文で毒殺ラインのパワー10まで強化しよう!

黒の火力アップはライフを支払っていくものが多いです。ですが、目的はスキジリクスで即毒殺!ですので、ライフ1までは余裕で払ってOK!(稲妻?本体火力?知りません!)

 

④そんなに狙わないで…よく除去されるから対策はしっかりと!

黒マナを払うだけで、速攻が付き、黒2マナ払うと再生(破壊効果や致死ダメージを1度だけ無効化できる能力)がついている危険生物スキジリクス。当然次のターンを待つことなく全力で除去されます。

統率者は倒されて統率領域に戻るたびに、次の唱えるコストが2マナ増えます。築いたらマナ加速も間に合わないほどのコストに膨れ上がっていることなんてざらです。

ですが、それをチャラにしたり、軽減するカードも入れております!

統率者領域から唱えずに、手札に加えるカードや墓地に行ったときに墓地から復活させることができるカード、そもそも除去の対象にならないようにするカードを採用しています。「統率者の板金鎧」は「稲妻のすね当て」には代えられません。(パワーアップ呪文の対象に取れなくなるため)「速足のブーツ」ならありですね!ですがパワーが上がる「板金鎧」を優先して採用しています。

 

☆ここに注意!このデッキの弱点・注意点☆

①勝負のタイミングを見極めよう!前方確認や呪文を唱える順番大事!

瞬殺の準備を整えるために、手札除去や十分なマナ確保も大事ですし、思い切って全力投入することも大事!盤面の状況や相手の様子を細かく見て判断する力が必要です!最初はうまくいかなくても、様々な要素から相手の隙をつくことが大事になってきます。

相手が打ち消しを構えていそうなら、「暴露」や「思考囲い」を打ってから。

除去が豊富そうなら、「ほかの強力なクリーチャー」を並べるか「スキジリクス」を唱え直す工夫をするか。(マナ加速や墓地利用戦術)

 

②ドロー手段が乏しい…サーチ呪文を使いこなせ!

黒単色はドローの手段が乏しく、ドローするたびにダメージを受けることも。

ですが、黒には優秀なサーチ呪文が多い!前述した「悪魔の教示者」や「不気味な教示者」「吸血の教示者」「闇の誓願」などでその場に応じたカードを持ってきましょう!

 

③ライフがどんどん削れる!アグロ系デッキに注意!

とにかくライフを支払うことが多いこのデッキ。ライフ1まではかすり傷ですが、本体火力やガンガン攻めてくるデッキには注意です。例:「エドガーマルコフ」「薄暮の埋葬布、リーサ」などの本体へのダメージが多く、超攻撃的なデッキ。

でもね、やられてばっかって訳にもいかんのですよ。

このデッキには必殺級のコンボも搭載しています。それがこちら。

大量にマナがでる後半戦、決まればアドレナリン漬けになれること間違いなし!

ライフが限界まで削れたら、「不敬な輸血」で誰かのライフとそっくり交換しよう!

場が硬直している場合は、「むかつき」で手札を増やしながらライフを削り、「不敬な輸血」にたどり着きたいところ。

とはいっても回復手段に乏しいデッキではあるので、その辺のカバーができるとさらに強くなるかも…?ここは自分も調整中です。

 

☆実際の回し方やキープ基準☆

本デッキのキープ基準は

・黒マナが出る土地×2

・除去・手札破壊(どちらか)1枚

・マナアーティファクト(もしくはマナ加速)×1

があればキープしてます!

土地が多めなので大体3枚目の土地は3ターン目までには引ける感じです。

マナアーティファクトもあれば、平均して3~4ターン目にはスキジリクスが殴りだします。

 

基本は除去を構えながら、教示者系の呪文で必要なカードを探して戦う形です!

他の統率者を見ながら、一番優勢な相手や強力なコンボを搭載していそうな対戦相手を優先して攻撃していきます。無駄打ちになってもいいので、パンプアップ呪文は惜しげもなく使いましょう!

 

 

 

見にくい文章で申し訳ございませんでした…!以上でデッキ紹介は終了になります!最後にデッキリストを載せておきたいと思います。何かのお役に立てれば幸いです!

f:id:Rootwalla:20210104030947p:plain

 

 

 

 

☆今日の1枚☆

太陽の指輪

統率者のデッキにならほぼ100%入るこの定番カード!

これまでまともに紹介してなかったのです。泣

1マナから2マナ出るとか普通に考えて強いです。1ターン目に太陽の指輪を置ければその後の展開が他のプレイヤーより、1ターン早くなったことになります。複数人対戦で一歩優位に立たせてくれる頼もしい1枚。

構築済みデッキには必ず入っている1枚です。統率者のデッキ構築はこの1枚から始まるといっても過言ではございません!

 

 

以上です!

統率者レジェンズ 構築済みデッキから始めるMTG 統率者戦 その2

今回は統率者レジェンズ構築済みデッキ紹介第2弾!

今回紹介いたしますのはこちらのデッキ。

f:id:Rootwalla:20201129153221j:plain

ランプ(土地をたくさん出して,大きいコストの強力なカードに素早くアクセスするデッキ)を基本戦略としたデッキ。「潮流を切り裂け」です!

 

では早速中身と注目カードたちを紹介しましょう!

 

 

 

構築済みデッキ「潮流を切り裂け」限定カード

今回のデッキの統率者となるカードはこちら!

「円渦海峡の暴君、アシ―」です!

通常MTGのルールとして、1ターンにおける土地の数は1枚。ですがアシ―がいれば追加で1枚土地を置くことができます。しかも土地を置くたびにカードが引けるおまけ(こっちがメインかな?笑)つき!

土地加速戦術でたくさんドローしたい~!

 

他にも2枚のカードが今回新規で収録されています。

ビヒモスはそのタフネスの大きさを生かして、積極的に戦闘に参加できそうです!攻撃しても、土地を一つ戻すことでブロッカーとしても活躍でき、しかも呪禁で除去の対象にもならないのが強い!

土地を出すことで強制的に相手のクリーチャーを攻撃させることができます。戦場にいるだけで厄介なクリーチャーなどを戦闘で打ち取ることができていいですね!

 

ハイドラはたくさんのマナを注ぎ込んで、+1カウンターで育てていくカード。ですが個人的にはこのデッキで使うかな・・・という感じ・・・トランプルがついていれば強かった気がします。

このカードはこのデッキというよりもハイドラを主軸としたデッキで活躍しそうな気がします!たとえばこれ

 

 

今回はハイドラ君は抜いていく方向で考えていいのかなと思います!笑

 

 

再録した注目カードたち!

ラムナプの採掘者は墓地から土地を置くことができるので、すでに使った「進化する未開地」などを再利用することができます。

デッキから土地を探すことで、統率者がいれば土地が2回置かれたことになるので2度ドローすることができます。

 

「ゼンディカーの報復者」が持つ、「上陸」効果とも相性がいいですね!

 

 

ルートワラ的改造カード集

初級編

「不屈の追跡者」

土地が出るたびに手がかりというドローに代わるアーティファクトを生産することができます。「手がかり」は「不屈の追跡者」が除去されても残るので非常に便利!

 

三顧の礼」「自然の知識」

デッキから土地を直接出せるカードとして優秀な二枚。

土地を加速するカードとしてはこの辺も優秀です。

統率者ならではのカード!相手の出方によって、自分の得られる効果も変わります。

 

 

上陸シナジー自体が緑を中心に組まれることが多いため、今回はほぼ緑色のカードの紹介になってしまいました・・・

 

 

このデッキのフィニッシャーは統率者自体もそうなのですが、収録されている「原初の潮流、ネザール」をフィニッシャーに据えてもよさそうです。

f:id:Rootwalla:20201108011035p:plain

 

 

上級編

「死者の原野」「風景の変容」コンボ

特殊地形を多く入れることになりますが、一度に大量のゾンビを出すことができ、今後は土地を置くだけでゾンビが出てくるように・・・

 

「世界のるつぼ」「露天鉱床」コンボ

毎ターン相手の土地を割り続ける極悪コンボ!!「迷える探求者、梓」などの追加土地セットができるカードがあると墓地から何度も露天鉱床を出し、土地を破壊し、さらに出し・・・ということができます・・・

友達がいなくなること間違いなしですね!!

 

以上になります!

 

土地はショックランドと言われる土地や特殊地形(2色土地など)を増やしてみましょう!フェッチランド(2枚目)は優秀なサーチカード!高いですが、一度手に入れれば財産となります!

 

最後に・・・

抜くカードなどはこちらで提案してもよいのですが、統率者は実践を重ねながらデッキリストを吟味するのも楽しみの一つです。先に紹介しました、新規ハイドラのように「このデッキには合わないかな?」と思ったら抜いて調整してみましょう!

 

ぜひ実際のデッキを手に取って、自分ならではのデッキを作ってみてほしいと思います!

mtg-jp.com

 

 

 

 

 

今日の1枚(今回は2枚!)

「クローサの心胆、カマール」「カマールの意志」

統率者レジェンズに収録された強力なカードです。土地がたくさん集まったら、土地クリーチャーにして4/4警戒・破壊不能・速攻・トランプルとして総攻撃!なんてことも!

カマールさえ出てしまえば、一瞬で恐ろしい盤面を作ることが可能です。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

 

結局緑のカードしか紹介してない回になってしましました・・・

 

 

次回は統率者レジェンズから共闘を持つ統率者のデッキをご紹介したいと思います!